• 7674uwsm

AKAの誤解


介護現場から聞く〜意見交換・相談〜


AKAなどを介護の方が勉強する分にはよいですが、それを勘違いし、治療として使う危険性があります。 関節運動学を利用したトランスファーなど応用の効く人にはお勧めですが… そんなレベルの高い人には勧めなくても自分で買ってると思われます

いいね!

· 返信 · 4時間前削除

AKAについて書いていることに誤解を招いているようなのです。木下さんのような人が出るから、AKAには標榜権が必要なのです。関節運動学を利用したトランスファーなんてナンセンスでAKAのことを全く分かっていない、誤解しています。ここであまりAKAについて説明すると標榜権に抵触するので説明しません。AKA以外のことでなにかないのですか?


(1) 介護現場から聞く〜意見交換・相談〜

私のホームページでAKAについて少し触れたのですが早くも誤解をする人が現れました。 「関節運動学をトランスファーに使う」などです。これは全くAKAについて誤解を招いています。このような人が現れ、また別のAKAを誤解をした人を作るということから、AKAの標榜権が定められています。介護で運動系の障害を運動療法を使って軽減しその他の介護業務を進めると今まで以上に介護現場がうまくいくでしょう。その中でAKAの正規の教育を受けたセラピストが正しいAKA技術を使うことは介護の質を高めるでしょう。 しかし、AKA医学会のホームページであるように、適当に本を読んで不正確なAKA技術を患者さんに行うと症状が悪化します。 私のホームページでは、介護現場でのPTOTさんもAKA会に入って研修会に出て正しい技術を取得すれば今まで以上に効果が上がるよと勧めているだけなのです。 介護技術はとても広いです。AKAのことは置いといて、身体拘束をどうするかとか、セラピストと介護士さんとの連携はこのようにした方がいいとか。私のホームページではその様な話題を取り上げたいと思います


0回の閲覧

最新記事

すべて表示

クリスマスメッセージ

日本の出生率が過去最低だそうです。一生懸命、愛する人を探し異性に告白することは決して恥ずかしいことではないです。 私は妻と二人の子供がいます。若い頃は女の子にやたら告白し、ふられたものです。しかし、ふられたら、もっといい男になって、もっといい女の子と結婚し、ふった女の子を見返してやろうと思ったものです。そして巡り合ったのが今の妻です。子供が生まれて家庭を持つことの重要さ、それを守り抜く忍耐力を身に

リハビリテーション医学

千野直一先生の「現代 リハビリテーション医学」から リハビリテーション医学の歴史についてまとめてみました。 リハビリテーション医学の定義 リハビリテーション医学とは、物理医学とリハビリテーションという一見全く異なるように見える2つの医学分野が統合されたものである。 物理医学とは、古来より医療の中で用いられてきた、運動療法、電気、温熱、光線、装具療法等を用いて、運動機能障害の患者の治療、診断等に用い

リハビリテーションの歴史

俗語でリハビリは、誰にでもでき障害者と楽しく遊んでいればいいことを言います。日本語の俗語のリハビリと治療医学であるリハビリテーションとの間には厳密な違いがあります。 リハビリテーション医学の原点は、ニューヨーク大学のラスク教授が執筆した「リハビリテーション メディソン」にその詳細が記載されています。現在では廃版になっていて日本では手に入らないと思います。私がラスクの日本語訳のリハビリテーション医学

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now