• 7674uwsm

障害高齢者の筋力強化


筋力強化の研究は1950年代より盛んに行われました。

デローム、ヘッティンガーミューラー、ローズ等の研究が有名です。日本でも筋力強化の研究は盛んに行われ、ギプス固定中の筋力低下に等尺性収縮が有効か、電気刺激が有効ではないかといった研修論文が多数あります。これらの論文のエビデンスはとても高いです。このような研究の被検者の大半が健常人、リハビリの学生が殆どでした。従って運動系の病的状態にない人には、とても有効です。

フィットネスクラブのマシントレーニングは健常人の筋力強化、体力の増強には非常に効果を発揮します。

しかし、運動系の病的状態、高度な骨関節疾患(リュウマチなど)、末梢神経障害、中枢神経系疾患には殆ど無効です。認知症も高次脳機能障害があるので無効です。

その理由の一つは、デローム、ヘッティンガーミューラー、ローズ等の研究は最大筋収縮力を測定して、その後どのような筋力強化法が有効かを検証しています。それらの論文の殆どが最大負荷に近い値で訓練しないと有効な筋力強化ができない、筋線維は肥大しないということが結論になっています。

逆に言うと、最大負荷の筋力が測定できない人には筋力強化はできないということです。

運動系の病的状態、高度な骨関節疾患(リュウマチなど)、末梢神経障害、中枢神経系疾患に最大負荷の筋力測定をしようとすると殆どの患者さんは痛みを訴えて拒否するか、認知症の人は筋力測定を理解しません。10年ほど前、パワーリハビリが、はやりました介護予防に高齢者用の筋力強化マシーントレーニングを推奨しました。殆どのデイサービスがパワーリハビリを導入しました。この10年間でパワーリハビリは効果があったでしょうか?デイサービスで働いている人は分かるはずです。介護報酬を切るなら、パワーリハビリテーションです。あれは、何の役にも立っていないので、レッグエクステンション、レッグアブダクション、レッグプレス等の機械での予防リハは止めるべきです。障害高齢者には全くエビデンスがないと言えます。この10年間でパワーリハビリは効果がないと明確になったと確信しています。


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

クリスマスメッセージ

日本の出生率が過去最低だそうです。一生懸命、愛する人を探し異性に告白することは決して恥ずかしいことではないです。 私は妻と二人の子供がいます。若い頃は女の子にやたら告白し、ふられたものです。しかし、ふられたら、もっといい男になって、もっといい女の子と結婚し、ふった女の子を見返してやろうと思ったものです。そして巡り合ったのが今の妻です。子供が生まれて家庭を持つことの重要さ、それを守り抜く忍耐力を身に

リハビリテーション医学

千野直一先生の「現代 リハビリテーション医学」から リハビリテーション医学の歴史についてまとめてみました。 リハビリテーション医学の定義 リハビリテーション医学とは、物理医学とリハビリテーションという一見全く異なるように見える2つの医学分野が統合されたものである。 物理医学とは、古来より医療の中で用いられてきた、運動療法、電気、温熱、光線、装具療法等を用いて、運動機能障害の患者の治療、診断等に用い

リハビリテーションの歴史

俗語でリハビリは、誰にでもでき障害者と楽しく遊んでいればいいことを言います。日本語の俗語のリハビリと治療医学であるリハビリテーションとの間には厳密な違いがあります。 リハビリテーション医学の原点は、ニューヨーク大学のラスク教授が執筆した「リハビリテーション メディソン」にその詳細が記載されています。現在では廃版になっていて日本では手に入らないと思います。私がラスクの日本語訳のリハビリテーション医学

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now