• 7674uwsm

リハビリテーション医学


千野直一先生の「現代 リハビリテーション医学」から

リハビリテーション医学の歴史についてまとめてみました。

リハビリテーション医学の定義

リハビリテーション医学とは、物理医学とリハビリテーションという一見全く異なるように見える2つの医学分野が統合されたものである。

物理医学とは、古来より医療の中で用いられてきた、運動療法、電気、温熱、光線、装具療法等を用いて、運動機能障害の患者の治療、診断等に用いられてきた。

リハビリテーションとは、患者を身体、心理、社会職業的に最大レベルまで到達させることである。

リハビリテーション医学は種々の疾患によって生じた運動系の障害を物理医学的手段により、診断と治療を施し患者に生きがいある社会的生活を送れるように援助する専門医学分野である。としています。

リハビリテーション医学は1947年米国専門医制度が発足が一つの出発点となり、リハビリ医学が米国において、独立した専門領域、内科、外科、小児科などの医学分野と同じように認められたそうです。

米国での専門医制度の正式名称は、Physical medicine and Rehabilitation(PM&R)で、

リハビリテーション専門医は、Physiatrtstと呼ばれました。

専門医制度はこの領域の対象となる運動機能障害をもつ患者のほとんどが自宅、職場地域社会への復帰、すなわちリハビリを必要とする人達でした。そのため物理医学専門医制度にリハビリの分野が加わり、1949年PM&R(物理医学とリハビリ専門医)となったそうです。

日本では、1963年の日本リハビリテーション医学会の創設が現在でのリハビリテーション医学の出発点です。水野祥太郎 大阪大学教授を会長として発足しました。

理学療法士、作業療法士の国家資格もこの頃設けられました。

私が理学療法士の免許を取ったのは、1988年です。この頃、PT,、OTの学校はまだ少なく、日本全国で50校あるかないかでした。

私の母校の先生からは、「君たちはある意味パイオニア的な存在位だ。」と言われて就職しました。

この頃の技士長には、特例の先生がいらっしゃいました。はりきゅう整骨師の免許で、病院に勤めていて、理学療法業務にあたっていた先生方です。PT、OTの養成校を出なくても、特例の国家試験に通ればPT、OTの資格が与えられました。(特例はPT,OT法ができてから、数年だったと思います。)

私がPTになりたての頃は、PTがまだまだ少なく、病院は「PTがいない。」と言って重宝がられました。1990年代になり、高齢化が社会問題になり、高齢化に対応する職種としてPT,OTの養成が必要だということで、養成校がどんどん作られました。専門学校、短大、大学とその数は膨れ上がりました。在宅医療が必要になり、介護保険の導入にPT,OTが狩りだされたという感じです。

あまりにも急速にPT,OTが増えるのを懸念する声もありました。

現在ではPTだけで13万人です。私が就職した頃は6000人余りだったのですが、

30年間で20倍になったということです。

介護保険が始まって18年、PT,OTが介護現場でどれくらい役立っているでしょうか。

もちろん、その専門技術を十分発揮されている先生もいらっしゃいますが、リハビリテーション医学導入当時のPM&Rとは、かけ離れた業務になっているのではないでしょうか?


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

クリスマスメッセージ

日本の出生率が過去最低だそうです。一生懸命、愛する人を探し異性に告白することは決して恥ずかしいことではないです。 私は妻と二人の子供がいます。若い頃は女の子にやたら告白し、ふられたものです。しかし、ふられたら、もっといい男になって、もっといい女の子と結婚し、ふった女の子を見返してやろうと思ったものです。そして巡り合ったのが今の妻です。子供が生まれて家庭を持つことの重要さ、それを守り抜く忍耐力を身に

リハビリテーションの歴史

俗語でリハビリは、誰にでもでき障害者と楽しく遊んでいればいいことを言います。日本語の俗語のリハビリと治療医学であるリハビリテーションとの間には厳密な違いがあります。 リハビリテーション医学の原点は、ニューヨーク大学のラスク教授が執筆した「リハビリテーション メディソン」にその詳細が記載されています。現在では廃版になっていて日本では手に入らないと思います。私がラスクの日本語訳のリハビリテーション医学

障害高齢者の筋力強化

筋力強化の研究は1950年代より盛んに行われました。 デローム、ヘッティンガーミューラー、ローズ等の研究が有名です。日本でも筋力強化の研究は盛んに行われ、ギプス固定中の筋力低下に等尺性収縮が有効か、電気刺激が有効ではないかといった研修論文が多数あります。これらの論文のエビデンスはとても高いです。このような研究の被検者の大半が健常人、リハビリの学生が殆どでした。従って運動系の病的状態にない人には、と

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Instagram Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now